財産の調査を実施し、スムーズに相続手続きに移行できた事例

相談者の状況

被相続人である伯父様が亡くなられ、その甥・姪が相続人でした。

伯父様の生前、その弟A様ご夫婦が身の回りの世話や、財産管理をなされていましたが、弟A様が被相続人様より先に亡くなられました。その後、弟A様の妻B様が、被相続人様の身の回りの世話や財産管理をおこなってきましたが、ご主人であるB様が財産管理していた当時のことがあまりわかりませんでした。

そこで、相続人である甥姪様から、AB様が財産管理をしていた当時の調査とその後の遺産整理を依頼したいとのことでした。

解決方法(事務所の対応)

弟A様・その妻B様が被相続人様の身の回り世話と財産管理をしていた際の資料、金融機関から取り寄せた取引履歴より調査を行いました。

また、当時の資料より出てきた、株についても調査を行いました。不明なところはあったものの、相続人様への報告を行い、確定させた財産を元に遺産整理を行いました。遺産であるマンションについては、事務所で毎月の電気・管理費等の支払いを行いながら、売却を行い、その代金を分配の原資としました。預貯金については解約手続き、株式等についても現金化を行いました。

遺産確定後、遺産分割協議の話し合いを行い、各相続人に分配を行いました。

解決後の相談者の状況

被相続人の身の回りの世話や財産管理をされていた弟A様が先に亡くなられ、A様の妻B様がその内容を詳しく知らなかった為に、相続人様から説明を求められても答えることができずに途方にくれていました。

また、相続人である甥姪様についても、内容がわからないままでは納得できないという立場でした。

そこで、それぞれの立場に配慮しながら、調査・財産の確定を行い、お互いに歩みよりを頂き、遺産の分配をすることができました。分配後、双方の立場の方から、感謝の言葉を頂くことができました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP