【久留米・鳥栖エリア】遺言書お預かりサービス

遺言書をお書きになった方で、ご自分の死後、遺言書がきちんと実行されるのか不安に思う方はいらっしゃいませんか?

遺言書は、作成した事実を、また保管している場所を本人以外の誰かが知っていなければなりません。せっかくお書きになった遺言書を保管するために頭を悩まされている方も多いのではないのでしょうか?

せっかく作成しても、紛失したり誰も存在に気が付かなかったために意思が反映されなかったり、発見が遅れて遺産分割協議をやり直すことになったり、またそれにより余計な「争続」に発展してしまうこともあります。

あなたの想いが原則として実現されるためには、遺言書作成後の「保管」と、相続発生後の「遺言書の執行」が最も重要になります。

遺言書お預かりサービスのメリット

久留米、鳥栖エリアで実績のある「司法書士法人州都綜合法務事務所」の遺言書預かりサービスを利用すれば、遺言書の紛失や保管などを気にすることなく、あなたの思いを親族に伝え、かつ、実現することができます。

お預かりした遺言書は金融機関の貸金庫で大切に保管し、いざというときには責任を持って相続人の方、遺言執行者の方に遺言書をお届けします。

せっかく遺言を書いたのに発見されなかったリスクを防ぐことができます。

ご自身の手書きの遺言書(自筆証書遺言)、公正証書遺言のどちらでも構いません。特に自筆証書遺言の場合、発見されないリスクが大きいので、遺言書お預かりサービスをお勧めします。また、他事務所様で作成された遺言書も承っております。お気軽にご相談ください。

 

遺言執行費用

相続財産の価額 報酬額
500万円以下 25万円+消費税
500万円を超え5000万円以下 (価額の1.2%+19万円)+消費税
5000万円を超え1億円以下 (価額の1.0%+29万円)+消費税
1億円を超え3億円以下 (価額の0.7%+59万円)+消費税
3億円以上 (価額の0.4%+149万円)+消費税

※相続人が5名以上の場合は、5名様以降お一人につき5万円(消費税別)を加算させていただきます。

※相続税申告が必要な場合は、10万円(消費税別)を加算させていただきます。

※実費は別途いただきます。

 


相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP