解決事例一覧

外国在住者の煩雑な相続を、遺言を書くことで楽にできた事例

  相談者の状況 ご相談者の推定相続人は子供がお一人でした。相談者は外国にお住まいで、子供は外国籍を取得していました。外国にお住いのため、少しでも相続手続きを簡単にできないかとの相談でした。 解決方法(事務所の対応) ご相談者に公証役場にて遺言することをお勧めして、子供に相続させるとの遺言をしました。 解決後の相談者の状況 遺言をしたことで、遺言者も安心されました。 &nb
続きを読む >>

大昔の遺産分割を取りまとめることに成功した事例

  相談者の状況 ご相談者様の亡お父様・おじい様についての相続についてのご相談でした。 解決方法(事務所の対応) 相続が発生し、何年もの時間が過ぎていました。相続税が絡む案件であったため、税理士さんも関わっていました。相続人間での話がなかなかまとまりませんでしたが、相続人双方から、何度もそれぞれのご希望・意見を聞き、税理士さんにも税務上の問題が無いかを確認しながら、協議の内容を詰
続きを読む >>

父の親の遺産分割前に父が亡くなり、遠方の相続人を取りまとめて遺産整理した事例

  相談者の状況 ご相談者様の亡きご主人様のお父様の相続についてのご相談でした。お父様が亡くなられ,遺産分割の話し合いをする前に,ご主人様が亡くなられました。ご主人様には,他の御兄弟様がいらっしゃいましたが,ご主人亡きあとは,奥様と子供さんが亡きご主人の相続人として話し合いをしなければなりませんでした。相続人の方は,それぞれ遠方に住んでおり,自分たちでお互いに財産のことで話し合いをす
続きを読む >>

被相続人の前妻とその子がいたため、遺産分割協議をして相続した事例

  相談者の状況 ご相談者様と亡くなった奥様の間には子供さんがいませんでしたが、奥様の前のご主人と間に子供さんがいらっしゃいました。子供さん達とは、「今後の手続きを考え、専門家を交えた方がよいだろう。」とのことで、遺産分割協議の作成・解約業務を依頼されることになりました。 解決方法(事務所の対応) 相続人全員が集まり、遺産分割協議書を作成しました。協議書に基づき、解約業務をすすめ
続きを読む >>

財産を一括で遺産整理するために、財産調査を実施して解決した事例

  相談者の状況 元々、ご相談者様は亡お父様の不動産を含め、財産全てを一括で遺産整理してほしいとお望みでした。しかし、以前取引のあった事務所では、不動産の相続手続きしか引き受けてもらえませんでした。その為、不動産の登記手続きが終わり、いくつかの事務所をあたり、不動産以外の財産についての遺産整理手続きを当事務所にご依頼頂きました。 解決方法(事務所の対応) ご相談者様が、相続財産は
続きを読む >>

相続させたい子に相続させるために公正証書遺言を作成した事例

  相談者の状況 ご相談者には、甲乙お二人の子供がいましたが、甲が亡くなり、甲には離婚した妻との間にab二人のお子様がいました。abは、離婚した妻と暮らしていたため、疎遠な状態でした。ご相談者の財産を乙に相続させるための相談でした。 解決方法(事務所の対応) 公証役場にて、乙に相続させるとの遺言をしました。 解決後の相談者の状況 遺言をしたことで、乙も安心されました。 &n
続きを読む >>

借金の額が未知数のため、相続放棄をした場合の事例

  相談者の状況  ご相談者のお母様が死亡されました。お母様には不動産があったものの,借入があり,借入れ先,借金の金額はわかりませんでした。ご相談者様は,不動産と借金の額のどちらが多いかにかかわらず,相続放棄をするつもりでいらっしゃいました。 解決方法(事務所の対応)  司法書士が,ご相談者様のお話を聞いたところ,亡お母様がお持ちの不動産の価格と借入額のどちらが多いか不明だとい
続きを読む >>

父より先に亡くなった母の借金が見つかり、同時に相続放棄した事例

  相談者の状況 父の死亡により、相続放棄しようとしたところ、亡父より先に亡くなった母が亡父の債務について、借入先より連絡があり、保証人になっていたことがわかりました。ご依頼者に返済できる者ではなかったので、相続放棄をしたいとのご相談でした。 解決方法(事務所の対応) 借入先より連絡があり、ご依頼者が借金の存在を知ることとなったので、亡母が死亡して3ヶ月を過ぎていましたが、相続
続きを読む >>

被相続人の父の借金が不明確な場合の解決事例

  相談者の状況 父が死亡したので、相続人である子供甲、乙、丙の3名様からのご相談でした。亡父には、土地建物及び借金が残っていましたが、どれだけの借金が残っているか、分からなかったので、どのようにしたらよいかとのご相談でした。 解決方法(事務所の対応) 亡父の借金について、どれだけあるか分からないということでしたので、相続の承認又は放棄の期間を3ヶ月伸長して、検討した結果、甲、乙
続きを読む >>

40年前に失踪し、生活したことがない父の借金の相続放棄をした事例

  相談者の状況 40年前に失踪した父が死亡したので、社会福祉事務所からの連絡および借入先から借金の支払いの催促の通知が届いたことのご相談でした。 解決方法(事務所の対応) 亡父とは、生活した記憶がなく、死亡についても全く知らなかったということでした。借入先からの手紙により亡父の相続を知ったので、亡父死亡後3ヶ月をすぎて相続放棄をすることができました。   解決後の相談者の状況
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP