解決事例一覧

事業の継続について検討した遺言を作成した事例

相談者の状況 ご夫婦で会社を経営しており、ご自分たちが亡くなった後の会社の跡継ぎの件で悩んでありました。現在の段階では、実際の跡継ぎは決まっていませんでした。 しかし、ご自分たちが亡くなった後も、会社の経営を継続してもらいたいと希望していたため、相続で株式が分散して会社の経営に影響を与えることを避けたいと望んでいました。 解決方法(事務所の対応) 将来の幾通りかの可能性を考え、会社の経営が
続きを読む >>

代襲相続まで見越して、早めに公正証書遺言の作成をすすめていただいた事例

相談者の状況 ご相談者様にはお子さんがいらっしゃいましたが、そのうちお二人が亡くなられていました。 亡くなられたお子さんにはお子さん(孫)がいらっしゃいましたが、後々、争いになる可能性があり、遺産分割協議等の手続きが大変だろうと考えていました。 解決方法(事務所の対応) そこで、当事務所にご相談がありました。ご相談者様の判断能力の低下が予想されたので、とりあえず、緊急的に自筆証書遺言を作成
続きを読む >>

相続トラブルを回避するために,遺産の分け方を明記する形で、公正証書遺言を作成した事例

相談者の状況 ご相談者様には子供さんがお二人いらっしゃいました。 ご相談者様が亡くなった後、面倒を見てくれている子供さんに不動産を残し、家を守ってもらいたいが、一方、家を出ている子供さんにも財産を分け、子供さんたちが相続でもめないようにしたいとのことでした。 解決方法(事務所の対応) ご相談者様の財産状況、意思を確認し遺言書の作成を行いました。 解決後の相談者の状況 遺言書作成を考
続きを読む >>

連絡を取っていなかった相続人にも相続分を分けることができた事例

相談者の状況 被相続人である甲が亡くなられ、その甥・姪が相続人でした。相続人の内の一人aからのご相談でした。 また、相続財産については法定持分ではなく全員平等に分けたいとのお考えでした。一部相続人の中には全くお付き合いがない方もいるので、連絡をとれるかどうかわからない方もいました。 解決方法(事務所の対応) 被相続人甲の遺産については、他の相続人bが財産の調査をされていました。 戸籍を調
続きを読む >>

財産の調査を実施し、スムーズに相続手続きに移行できた事例

相談者の状況 被相続人である伯父様が亡くなられ、その甥・姪が相続人でした。 伯父様の生前、その弟A様ご夫婦が身の回りの世話や、財産管理をなされていましたが、弟A様が被相続人様より先に亡くなられました。その後、弟A様の妻B様が、被相続人様の身の回りの世話や財産管理をおこなってきましたが、ご主人であるB様が財産管理していた当時のことがあまりわかりませんでした。 そこで、相続人である甥姪様から、A
続きを読む >>

安心な生活のために、遺言の内容について助言し、遺言を書いた事例

相談者の状況 ご相談者様は前夫と現在の夫との間にお子さんがいました。ご相談者様は、現在の夫とともに会社経営をしており、事業承継のことも考え、遺言書を作成されたいとのことでした。 解決方法(事務所の対応) ご相談者様のご意向としては、「夫に相続させる。」ことを希望されていました。 しかし、ご相談者様が死亡された時点で、配偶者様が死亡している可能性も考えておくことを助言しました。 そこで、「
続きを読む >>

当事務所で自筆証書遺言の遺言執行を行い、手続きまで対応した事例

相談者の状況 ご相談者の義伯父様がお亡くなりになり、ご相談者に対し自筆証書遺言を残されていました。遺言書が使えるかどうかのご相談でした。 解決方法(事務所の対応) 自筆証書遺言書に記載されている物件に一部誤りや記載漏れがありました。 しかし、遺言書の検認手続きを行い、その後、遺言執行者が定められていなかったので、相続人の印鑑をもらうことなく登記申請ができるように遺言執行者を選任しました。
続きを読む >>

遺言書の作成で夫と子の間で争わないように対策した事例

相談者の状況 ご相談者A様には、前夫との間に子供Bさんがいました。A様が亡くなられた後、現在の夫とその間の子供さんたちとBさんが争うことがないように、遺言書を作成したいとのことでした。 解決方法(事務所の対応) ご相談者A様が亡くなられた後の相続税についての対策のお話をふまえ、「夫に相続させる。」との遺言書を作成しました。 解決後の相談者の状況 A様は、「遺言書」を作られたことで、安心さ
続きを読む >>

自分名義の家を遺言で死後に引き渡せるようにした事例

相談者の状況 ご相談者A様には、奥様・子供さんの他に、お母様がいました。お母様は、A様とは別に、A様の弟B様と共にA様名義の建物に居住していました。 お母様とB様は、A様が亡くなられた後に、A様の相続人である奥様と子供さんと話し合いができず、自宅に住めなくなるのではないかと心配されていました。そこで、A様は、お母様とB様が問題なく生活できるようにするにはどうしたらよいかを考えていました。
続きを読む >>

外国在住者の煩雑な相続を、遺言を書くことで楽にできた事例

  相談者の状況 ご相談者の推定相続人は子供がお一人でした。相談者は外国にお住まいで、子供は外国籍を取得していました。外国にお住いのため、少しでも相続手続きを簡単にできないかとの相談でした。 解決方法(事務所の対応) ご相談者に公証役場にて遺言することをお勧めして、子供に相続させるとの遺言をしました。 解決後の相談者の状況 遺言をしたことで、遺言者も安心されました。 &nb
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP