遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議書の作り方でお困りの方へ ~ 無料相談をご利用ください!

_ONE6520相続の手続きには代表的なものだけでも90種類以上あります。

また、それぞれの方によっても必要な手続きが大きく異なりますので、ご自身だけで全ての手続きを正確に行うことは非常に困難です。

そのため当事務所では、お客様ごとにどのような手続きが必要なのかをご説明させていただくための無料相談を随時実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談

遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議がまとまったら、遺産分割協議書にその内容を記載します。
遺産分割協議書の作り方のポイントを押さえておきましょう。

用紙

紙の大きさに制限はありません。

署名・押印

相続人全員が遺産分割協議書に署名し、実印を押印してください。
遺産分割協議書が複数ページにわたるときは、相続人全員の実印で契印してください。

法務局では、少しの記入ミスでも訂正を求めますので、できれば捨印があった方がいいでしょう。
捨印を押すのを嫌がる相続人がいるときは、チェックして間違いがないことを確認しましょう。
署名の後ろに捺印する実印は、鮮明に押印する必要があります。

財産の表示

不動産の場合、住所ではなく登記簿どおりの表記にしてください。銀行等は、支店名・口座番号まで書いてください。

日付

遺産分割協議書の相続人が署名、押印した日付は、遺産分割の協議をした日か、あるいは最後に署名した人が署名した日付を記入するようにしましょう。

相続人の住所・氏名

必ず、相続人本人に署名してもらいましょう。
住所、氏名は、印鑑証明書に記載されているとおりに記載します。

印鑑証明書の添付

押印した実印の印鑑証明書を添付します。

遺産分割協議書は、作り方を間違えると効力が生じなくなってしまうことがありますので、作成される際は専門家にご相談することをお勧めします。

当事務所がお客様から選ばれている理由

① 鳥栖・久留米で圧倒的な相続相談実績

当事務所ではこれまで鳥栖・久留米にお住まいの方を中心に通算1,300件以上の相続に関するご相談を承ってまいりました。
その多数の実績から蓄積した、豊富な経験とノウハウがございますので、複雑な相続の相談に対しても、最適な解決方法をご提案することができます。

当事務所の解決事例はこちらから>>

② 司法書士3名総勢15名の地域最大級規模

スタッフ一同当事務所は、司法書士3名総勢15名のスタッフが在籍する、鳥栖・久留米市内でも有数の規模を誇る司法書士事務所です。

お客様のお悩みに対して複数名体制でサポートいたしますので、お客様をお待たせすることなく、スピーディな対応が可能です。

事務所紹介はこちらから>>

③ 相続の専門家による複数人体制でサポート

ご相談司法書士資格者3名と充実した業務処理体制を備えておりますので、お客様をお待たせすることなくスピーディに対応することができます。
また、当事務所では、弁護士、税理士等の他士業と提携しており、相続・遺言について、一つの窓口でワンストップで解決いたします。
鳥栖・久留米で相続・遺言についてお困りのお客様は、お気軽にご相談下さい。

当事務所のスタッフ紹介はこちらから>>

④ リーズナブルで明瞭な料金設定

お申込み司法書士や税理士、弁護士、社労士などの「士業」と呼ばれる事務所は、料金体系が不明確で不安だというお声をよく耳にします。

そこで、当事務所では、ご相談者様にわかりやすいよう、明瞭な料金体系をとっております。

また、依頼者様の状況を詳しくお伺いした上で、事前にお見積もりもさせていただきますので、どうごぞ安心ください。

サポート料金はこちらから>>

⑤ 相続の専門家による無料相談実施中

事務所内観当事務所では相続に関するご相談を無料で承っております。

ご相談者様の個別の状況をお伺いして、必要なお手続きを無料でお伝えいたしますので、お気軽に無料相談をご利用ください。

鳥栖・久留米の皆様からのご相談をお待ちしております。

ご相談の流れはこちらから>>


相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP