遺産整理 不在者財産管理人選任申立の解決事例

【状況】

ご自分名義の不動産の官民境界確定をする為に、隣地所有者の協力が必要でした。

しかし、隣地の不動産は昔の名義のままで、その所有者は現在どこにいるか、その相続人が誰であるか、全くわからない状況でした。

【対応】

司法書士が、事前に調査を行いましたが、やはり、不動産の所有者の行方はわかりませんでした。
そこで、裁判所に対し、不在者財産管理人の選任申立てを行いました。

不在者財産管理人が選任された後、ご相談者・不在者財産管理人・市役所の担当者が立会を行い、境界確定を行いました。

【解決後の相談者の状況】

かつて、ご相談者様のお父様が、不在者の土地を購入しようと、弁護士さんにご相談されましたが、所有者が行方不明だということで、そのままになっていました。

今回、ご相談者様は、境界確定の手続きをされた後、土地を購入されました。

ご相談者様にとっては、次世代のお子様たちに、負担を背負わせることなく、財産の引き継ぎが可能となったことで、安堵されています。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP