相続放棄 離婚した夫が生活状態が分からない状態で亡くなった場合の解決事例

【状況】

ご相談者と離婚されたご主人様が亡くなられました。
お二人の間には未成年の子供さんがおり,お母様と一緒に生活されていましたが,お父様との交流はありませんでした。

 

【対応】

亡くなった元のご主人様の生活状況が全くわからなかったことから,ご相談者には不安がありました。
元のご主人様に借入があるのではないか,そうであれば,子供さん達に及ぶのではないか・・・。

そこで,裁判所に対し,相続承認放棄の熟慮期間3ケ月の伸長の申立てを行い,債権者からの請求がないかの様子を見ることとしました。
そのうえで,お話し合いをし,相続放棄手続きを行いました。

 

【解決後の相談者の状況】

債権者からの請求はありませんでしたが,今後の心配をなくすためにも手続きをされ,御安心なさいました。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP