相続放棄 不要な不動産の遺産分割協議ができていない場合の解決事例

【状況】

亡くなられたお父様の財産調査をしていた際に,お父様が納税義務者となっている,固定資産税の納付書を発見しました。
調べてみると,所有者は亡父の亡兄(伯父)の亡妻(伯父の妻)名義の不動産でした。亡伯父とその亡妻の間には子供がおらず,両親も死亡していることから,亡伯父と亡妻の兄弟姉妹が相続人となりました。

ところが,亡妻の兄弟姉妹の行方が分からず,遺産分割協議もできぬまま,亡父に納税義務者としての請求が届きました。

本来,あてにしていない不動産であり,このままでは,不動産の名義変更もできぬまま,固定資産税等を次の世代が負担しなければならないことに驚きました。

 

【対応】

現状について調査を行った上で,相続放棄の手続きをとることとしました。

 

【解決後の相談者の状況】

案件が複雑であったことから,相続放棄が認められるか確実ではないとの説明をしていたことから,相続放棄手続きが受理されて安堵されていました。

将来,相続人らに,無用な負担をかけずに済んだとおっしゃっていました。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP