遺言作成 集中治療室にいる中で遺言書を書きたい場合の解決事例

【状況】

ご家族から緊急のご連絡で、依頼者はICUに入っており、ご家族に対して遺言を書かせたいとのことでした。

公正証書遺言作成に向けて、戸籍等書類を揃えるのに時間がかかるため、他の方法がないかとのご相談でした。 

【対応】

まず病院にて相談者の状況を確認。
取り急ぎ、自筆遺言の作成をし、回復すれば公正証書遺言の作成を行うことになりました。

誤字脱字等ないよう、専門家である司法書士が対応させていただくことで、自筆の遺言書を書くことができました。

 

【解決後の相談者の状況】

現在回復し、ご自宅へ戻られたとのことでした。
作成した自筆遺言書に不備がないよう、今後公正証書での遺言作成に向けて書類の準備を行うとのこと となりました。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP