相続人同士で意見が一致しなかった場合の解決事例

相談者の状況

ご相談者の亡きご主人名義の不動産について相談でした。ご相談者は、同居する子供名義に相続させたいと思っていましたが、相続人の一部に同居する子供に相続させることを反対する者がいたので、相続できないままでいました。

解決方法(事務所の対応)

反対していた相続人は、ご相談者の名義に相続することには異議を唱えなかったので、ご相談者に相続登記しました。その後、ご相談者が遺言書を作成することとしました。

解決後の相談者の状況

将来、ご相談者が亡くなった場合、今回の相続手続きをするときに反対した相続人から印鑑をもらわずに相続手続きができることを喜んで、安心していました。

 

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP