自身で作成した遺言書が無効になる可能性がある場合の解決事例

相談者の状況

ご相談者様は一人暮らしをしており,ご自分で自筆遺言証書を作成していました。しかし,法律上の要件を満たしていない部分があり,無効となる可能性がありました。

解決方法(事務所の対応)

お子様たちは遠方にお住まいで,ご相談者様は一人暮らしをされていることから,ご相談者様が信頼されている方に毎回同席して頂き,打合せを重ねました。ご相談者様の希望を聞き取り,将来争いがないように助言をしたうえ,公正証書遺言を作成しました。

解決後の相談者の状況

ご相談者様は,司法書士と何度も打合せを重ねました。そして,財産の分け方についても,相談者様が知ってほしかったご自分の気持ちついても「付言」という形で,お子様たちに伝えることができたようです。

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP