賃貸借契約を結ぶため、後見制度を使った解決事例

相談者の状況

申立人の親所有の不動産改修工事の際、所有者の判断能力が不十分で融資ができなかった。
判断能力がない状態の親と賃貸借契約を結ぶにはどのような方法があるのか悩んでいた。

解決方法(事務所の対応)

後見制度、及び後見支援信託の利用について説明 し、後見人選任後、賃貸借契約手続きが可能となる事の説明致しました。そして後見申立書作成について説明を致しました。

解決後の相談者の状況

仕事で忙しいため後見申立書の作成依頼を依頼しスムーズの後見人ができ喜んでおられました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP