前夫との間の子供に遺産を相続してほしくないときの解決事例

相談者の状況

ご相談者には、前夫との間に3人の子供、後夫の間に2人の子供がいました。

相談者は、自分が亡くなった後の兄妹の関係を心配しており、後夫との間の子供に遺産を残したいと考え、前夫との間の子供に相談者の生前に遺留分放棄をして欲しいと考えていました。

解決方法(事務所の対応)

前夫の子供に説明をし、遺留分放棄許可審判申立を行いました。
無事に家庭裁判所に認めてもらうことができました。

解決後の相談者の状況

相談者は、自分が亡くなった後のことを心配されていたので、少し安心されたようでした。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP