余命がわずかなため、余生を楽しみたいケース

相談者の状況

ガンによる余命を宣告され、子供たち三人のためにも、余生を楽しむためにも遺言を作成しておきたいと考え、相談に来られました。

 

解決方法(事務所の対応)

シンプルに自分の財産について、誰に何を遺したいかという内容を遺言という形にさせていただきました。

 

解決後の相談者の状況

相談から作成までスピーディに対応していただき助かりました。 との事でした。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP