ご自身が遺言執行者に選ばれた場合の解決例

スライド1

相談者の状況

相談者の亡父が公正証書遺言を遺しており、自分が遺言執行者に指定されておりましたが、金融機関をまわって手続きをすることが難しく、なおかつ、相続税の申告があるため時間に迫られている字状態でした。

解決方法(事務所の対応)

遺言執行履行補助としてご相続のお手伝いはもちろんのこと、相続税申告サポートとして、税理士と連携し相続税申告に必要な書類の手配から納税までお手伝いさせていただきました。

解決後の相談者の状況

不動産はもちろんのこと、複数の金融機関と取引があり、株式の手続きもあったため煩雑な手続きをすべて行っていただいたので助かりました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP