子供たちに公平且つ想いの伝わる相続をしたい場合の解決例

スライド1

相談者の状況

ご夫婦での遺言作成を検討していますが、複数ある不動産や金融資産について、誰に何を相続させるか自分たちでは決めきれない。また、子どもたちと関係がうまくいっていないが大切な子どもには変わりないので、自分たちが亡き後、自分たちがどういう気持ちで遺言を作成したのか、子どもたちに伝えてほしい。という思いでご相談に来られました。

解決方法(事務所の対応)

財産内容を把握し、遺留分等も含めて、いくつか案をご提案した上で、司法書士が遺言執行者になることで、遺言書の開封からお手続きはもちろんのこと、どういうお気持ちで遺言を作成になられたのかを、ご子息へ想いをしっかり伝えていくことをお約束させていただきました。

解決後の相談者の状況

資産の計算から遺言作成まで、納得がいくまで何度も打合せをしていただきました。遺言作成後も子どもたちに遺言の存在を伝えるかどうかなどのご相談にものっていただき、とても安心しました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP