精神的な疾患があり、金銭や不動産の管理に不安がある場合の解決例

相談者の状況

相談者には精神的疾患があり、長期入院中で親族は遠方に住む姉が1人おり。親族が遠方で高齢なため今後の自分の金銭管理や所有する不動産管理や退院後の生活について不安な状態でした。

解決方法(事務所の対応)

成年後見制度の説明を行うとともに、後見申立書作成について説明を行いました。

解決後の相談者の状況

自身での書類作成が困難であったが、保佐開始審判申立書類作成を依頼を依頼し家庭裁判所へ提出する事ができ喜ばれていた。現在は、保佐人が選任され安心して生活を送られている。/p>

 

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP