相続放棄の期限後に借金が発覚し、その後の対応不安がある場合の解決例

3高松

相談者の状況

相続放棄手続きは、通常、被相続人が亡くなられ3月以内に、家庭裁判所に手続きをしなければならないところ、被相続人であるお姉様が亡くなられ、3ケ月以上たって、お姉様の借金が判明しました。

解決方法(事務所の対応)

亡くなったお姉様のお子さんが第一順位の相続人となるところ、お子さんも、死亡から3ヶ月以上経過し、負債を知りました。その為、第一順位のお子さん(ご相談者様の姪)の相続放棄が受理された後、相続権が第二順位のご相談者様にまわってきたので、ご相談者様の相続放棄の手続きをしました。 

解決後の相談者の状況

ご相談者様は、お姉様の負債に驚かれていましたが、無事に手続きを終えほっとされていました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP