続けて被相続人が亡くなり、相続人全員が相続放棄したい場合の解決例

4樋口

相談者の状況

甲の亡父(a)(後に死亡)・亡祖父(b)(先に死亡)の相続放棄についての相談でした。亡父の妹弟(乙丙)も相続放棄したいとの相談を受けました。亡aには借金があったので、亡aに対し債権者から請求書が届いていたので、心配をされていました。また、亡bの遺産も価値のない不動産のみで、固定資産税等維持管理費の負担のみがかかる状況でした。

解決方法(事務所の対応)

甲は亡aの相続について放棄しました。甲については亡aの相続放棄をすることにより、亡bの相続分を相続しないことになりました。乙丙は、先ず亡bの相続放棄をしました。乙丙の亡bの相続放棄の期限3ヶ月を過ぎていたものでしたが、亡aが生前に亡bの遺産を全て相続する予定だったので、事情を裁判所に説明することにより相続放棄できました。その後、甲の亡aについての相続放棄を認められ、相続権が乙丙に回ってきた後、乙丙が亡aの相続放棄をしました。

解決後の相談者の状況

相続放棄をしたことにより、bの財産を相続しなくてよくなったことで税金等の支払いを免れ、また、aの債務についても支払いを免れたので安堵されていました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP