資産・負債等が不明な被相続人の相続を相続放棄したい場合の解決例

5池見

相談者の状況

亡叔父の子供が相続放棄をしたので、亡叔父の亡兄の子(甥)である相談者が相続人となり相続放棄したいとの相談でした。亡叔父の資産・負債等不明な状態でした。

解決方法(事務所の対応)

亡叔父の子供が相続放棄をしたことを知って3ヶ月以内でありましたので、亡叔父の亡兄の子である相続人全員が相続放棄の手続きをしました。

解決後の相談者の状況

相談者は生活も安定していましたので、亡叔父の相続について免れることができました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP