被相続人が仮登記をしており、その後の対応に支障をきたす場合の解決例

3山崎(不)

相談者の状況

相談者様の被相続人名義の不動産に、所有権の仮登記がなされていました。仮登記がある場合、事実上、その後の、不動産の売却等の処分に支障をきたすことから、仮登記の抹消手続きを望んでいました。

解決方法(事務所の対応)

仮登記権利者のご意向を確認し、ご協力を得て、仮登記の抹消手続きを行いました。 

解決後の相談者の状況

相続人の方は、制限のない不動産の所有権を取得し、安心されていました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP