子供が揉めないように遺言書の内容を明確に決めたい場合の解決例

3瀬戸

相談者の状況

ご相談者の遺言についての相談でした。ご相談者には、お子様がお二人いらっしゃいましいた。ご相談者の亡き後に、お子様が遺産のことで揉めることがにように、お子様の個々の状況を考慮されご自身で明確に遺言書の内容を決めておられました。

解決方法(事務所の対応)

ご相談者には、遺留分等のアドバイスをさせて頂き、遺言書の作成をサポートさせていただきました。 

解決後の相談者の状況

遺言書を作成後に、「安心した。」とおっしゃられていました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP