相続人が誰になるのか分からない場合の解決例

3荒木

相談者の状況

ご相談者の遺言についての相談でした。ご相談者には、子供がいないので、ご相談者が死亡した後の祭祀をする者及び自分の財産を引き継ぐ者が誰になるのかということをご心配されてのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

ご相談者がお亡くなりの後、ご相談者の相続人は誰になるのかを確認、誰に残したいかをお尋ねし、ご相談者が子供のようにかわいがっている甥に対し、遺言書を作成することとしました。遺産分けの内容以外にも受遺者(甥)への感謝の気持ちを遺言書に残されました。 

解決後の相談者の状況

ご相談者が考えていたより、簡単に遺言書を作成することができて、安心されていました。

 

 

 

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP