被相続人の父が亡くなった後、新たに借金が出てきたため相続放棄で解決した事例

相談者の状況

亡父が生前借金の整理のために、家を処分していたが、死亡した後にその他の借金の請求書やカードを見つけたので、ご相談者と母が相続放棄をしたいとのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

亡父がお亡くなりになって3ヶ月以内の相続放棄でしたので、すぐに相続放棄をすることができました。どこの借入先に借金が有るのか分からない状態でしたので、請求書やカード、預貯金の通帳があるところに相続放棄が受理された後、通知書の写しを送付致しました。通知に対しては、確認の連絡があったところと無いところとありました。

解決後の相談者の状況

相続放棄をした後は、借入先からの請求は全くなくなったので、安堵されていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP