父の死後2年後に、借金の所在が発覚した場合の解決事例

 

相談者の状況

2年前に死亡した亡父の借金について、借入先より催促の通知が届いたので、相続放棄をしたいとのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

亡父の財産はないものと思っていたので、遺産分割はしたことなく借入先からの通知によりはじめて亡父の借金があることを知ったということでした。亡父死亡より3ヶ月を過ぎてましたが、借入先からの通知により相続を知ったということで、相続放棄をしました。

解決後の相談者の状況

相続放棄をした後は、借入先からの請求は全くなくなったので、安堵されていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP