40年前に失踪し、生活したことがない父の借金の相続放棄をした事例

 

相談者の状況

40年前に失踪した父が死亡したので、社会福祉事務所からの連絡および借入先から借金の支払いの催促の通知が届いたことのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

亡父とは、生活した記憶がなく、死亡についても全く知らなかったということでした。借入先からの手紙により亡父の相続を知ったので、亡父死亡後3ヶ月をすぎて相続放棄をすることができました。
 

解決後の相談者の状況

相続放棄をした後は、借入先からの請求は全くなくなったので、安堵されていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP