被相続人の父の借金が不明確な場合の解決事例

 

相談者の状況

父が死亡したので、相続人である子供甲、乙、丙の3名様からのご相談でした。亡父には、土地建物及び借金が残っていましたが、どれだけの借金が残っているか、分からなかったので、どのようにしたらよいかとのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

亡父の借金について、どれだけあるか分からないということでしたので、相続の承認又は放棄の期間を3ヶ月伸長して、検討した結果、甲、乙は相続を承認し、丙は相続放棄をしました。

解決後の相談者の状況

丙は、相続放棄をして安堵されていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP