父より先に亡くなった母の借金が見つかり、同時に相続放棄した事例

 

相談者の状況

父の死亡により、相続放棄しようとしたところ、亡父より先に亡くなった母が亡父の債務について、借入先より連絡があり、保証人になっていたことがわかりました。ご依頼者に返済できる者ではなかったので、相続放棄をしたいとのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

借入先より連絡があり、ご依頼者が借金の存在を知ることとなったので、亡母が死亡して3ヶ月を過ぎていましたが、相続放棄をすることにしました。亡父と亡母の相続について、同時に相続放棄をすることができました。

解決後の相談者の状況

丙は、借金を免れたので相続放棄をして安堵されていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP