被相続人の前妻とその子がいたため、遺産分割協議をして相続した事例

 

相談者の状況

ご相談者様と亡くなった奥様の間には子供さんがいませんでしたが、奥様の前のご主人と間に子供さんがいらっしゃいました。子供さん達とは、「今後の手続きを考え、専門家を交えた方がよいだろう。」とのことで、遺産分割協議の作成・解約業務を依頼されることになりました。

解決方法(事務所の対応)

相続人全員が集まり、遺産分割協議書を作成しました。協議書に基づき、解約業務をすすめていましたが、当初、相談者様が把握していなかった、不動産の問題が出てきました。今後のことを考え、土地家屋調査士の先生をご紹介し、建物の一部解体、増築による表示変更の登記を行いました。また、既に借り入れはなくなっているが、登記のみ残っていた抵当権の抹消登記を並行して行いました。その際に発生する費用等の分担についても、再度、事務所を通じて、相続人様の了解を得ながら行っていきました。

解決後の相談者の状況

ご相談者様は、何の手続きが必要か、書類の取り寄せはどうなるか不安でらっしゃいましたが、不安を解消することができたとのことでした。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP