父の親の遺産分割前に父が亡くなり、遠方の相続人を取りまとめて遺産整理した事例

 

相談者の状況

ご相談者様の亡きご主人様のお父様の相続についてのご相談でした。お父様が亡くなられ,遺産分割の話し合いをする前に,ご主人様が亡くなられました。ご主人様には,他の御兄弟様がいらっしゃいましたが,ご主人亡きあとは,奥様と子供さんが亡きご主人の相続人として話し合いをしなければなりませんでした。相続人の方は,それぞれ遠方に住んでおり,自分たちでお互いに財産のことで話し合いをすることは,心情的に難しいものがありました。そこで,当事務所に遺産整理の手続きを依頼されました。

解決方法(事務所の対応)

どなたが相続人になるか,プラスの財産・マイナスの財産を調査しました。その結果とご相談者様からの聞き取りをもとに,委任状・遺産分割協議証明書を作成しました。各相続人からの委任・協議書に基づき,預貯金等の解約・不動産の名義変更を行いました。預貯金等を一つの口座に集約し,これまでの調査資料・計算書等を添付し,各相続人より配当額及び配当方法の合意を得,お振込みを行いました。

解決後の相談者の状況

無事に遺産をわけることができ,ほっとされていました。ご相談者様にとっては,身近な人であればこそ,財産の話を直接することは負担になられていたようでした。実際,配当方法を決めるにあたって,相続人どうしでは直接言いにくいことを,第三者である事務所に言うことができ,相続人間の調整ができたようです。協議手続き中,法事等,お互いに顔を合わせることもありましたが,争うことも無く過ごせてあったようです。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP