自分名義の家を遺言で死後に引き渡せるようにした事例

自分名義の家を遺言で死後に引き渡せるようにした事例

相談者の状況

ご相談者A様には、奥様・子供さんの他に、お母様がいました。お母様は、A様とは別に、A様の弟B様と共にA様名義の建物に居住していました。

お母様とB様は、A様が亡くなられた後に、A様の相続人である奥様と子供さんと話し合いができず、自宅に住めなくなるのではないかと心配されていました。そこで、A様は、お母様とB様が問題なく生活できるようにするにはどうしたらよいかを考えていました。

解決方法(事務所の対応)

ご相談者A様とお話をし、生前の贈与も考えましたが、結果として、A様が亡くなられた際に、お母様と弟B様が住まれている不動産をB様へ贈与する。=「遺贈」という内容の遺言書を作成することになりました。

解決後の相談者の状況

A様は、「遺言書」を作られたことで、ほっとされていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP