当事務所で自筆証書遺言の遺言執行を行い、手続きまで対応した事例

相談者の状況

ご相談者の義伯父様がお亡くなりになり、ご相談者に対し自筆証書遺言を残されていました。遺言書が使えるかどうかのご相談でした。

解決方法(事務所の対応)

自筆証書遺言書に記載されている物件に一部誤りや記載漏れがありました。

しかし、遺言書の検認手続きを行い、その後、遺言執行者が定められていなかったので、相続人の印鑑をもらうことなく登記申請ができるように遺言執行者を選任しました。

そのままの遺言書では、登記ができないため上申書等を添付することによって所有権移転登記をすることができました。

解決後の相談者の状況

登記手続きができるかどうかわからない不安を抱えられていましたが、無事に手続きが終わり喜ばれていました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP