連絡を取っていなかった相続人にも相続分を分けることができた事例

相談者の状況

被相続人である甲が亡くなられ、その甥・姪が相続人でした。相続人の内の一人aからのご相談でした。

また、相続財産については法定持分ではなく全員平等に分けたいとのお考えでした。一部相続人の中には全くお付き合いがない方もいるので、連絡をとれるかどうかわからない方もいました。

解決方法(事務所の対応)

被相続人甲の遺産については、他の相続人bが財産の調査をされていました。

戸籍を調査して相続人全員を確定したうえで、連絡の取れない相続人に対し、相続手続きの協力の意思確認を致しました。その後、相続人全員にその財産を開示したうえで、おおよそのお一人当たりの取得分を提示致しました。相続人全員の同意を得るのに時間がかかりましたが、皆様の書類を送付していただくことができました。

その後、aから不動産の一部であるマンションは遺産として残したいということで「分配金を取得しないでマンションはaが取得する」との提案を受けました。他の相続人から異議は出なかったので、預貯金は解約し、マンション以外の不動産は売却して現金化致しました。現金化した金額は全ての経費及び税金等を差し引いて他の相続人に平等に分配致しました。

解決後の相談者の状況

相続人自ら手続きをしたならばできなかったかもしれないということで、時間はかかりましたが、親切丁寧にしていただいたと喜んでいただきました。

 

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP