相続人がおらず、遺産が国のものになってしまう

状況

相談者Aが、叔母Bとその子C(一人っ子)のお世話をしていた(すでに叔父は他界)ところ、

Bが死亡し、一旦はCがBの遺産を相続したが、その後Cも亡くなった。

Cには遺産があったが、Cは遺言書を作成していなかったため、相続人もいない。

原則的には遺産は国のものになってしまうが、Aの方でいくらか相続できないだろうかという相談。

結果

相続人不存在のため、相続財産管理人を選任した。

Cの遺産に対して、Aが特別縁故者として財産分与請求を行い、およそ遺産全体の8割の分与を受けた。

未分類の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP