被相続人が借入の連帯保証人になっていた

状況

亡夫Bが、妻Aの知らないところで貸金業者からの借入の連帯保証人になっていた。

Bの遺産には、Aが居住している自宅も含まれていた。

結果

借入金の金額次第では、自宅を諦めて相続放棄をする可能性もあったため、

まずは相続放棄の熟慮期間3か月の期間を伸長してもらい、借入金の調査をしたところ、

夫は連帯保証人としての支払いを亡くなる直前までしていたが、主債務者は5年以上支払いを

怠っていた。そこで、「直接の利益を受ける者」として主債務者の消滅時効を援用した。

これにより、借入金の支払義務は消滅し、自宅を問題なく相続することができた。

解決事例の最新記事

相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP